ロイター通信は3月1日、欧州連合(EU)の医薬品規制当局がインドの製薬大手であるセラム・インスティチュート・オブ・インディア(SII)の工場を監査すると報じた。英アストラゼネカと英オックスフォード大学が開発したワクチンを生産しているSIIが承認を得ると、ワクチンをEUに輸出できるようになるという。英アストラゼネカは生産上の問題のため、EUへのワクチン供給量が当初予定を下回っている。