ドイツ地元メディアによると、ドイツテレコムのヘットゲス最高経営責任者(CEO)は2月26日、決算発表の記者会見において、通信業界が債務に苦しんでいるため、欧州における通信事業の統合は不可避であるとの認識を述べた。詳細への言及は避けたものの、ポーランドやチェコで進めている、光ファイバー網へのアクセスをめぐる交渉が念頭にあるとみられている。