ロイター通信によると、独BASFのエンゲル最高財務責任者(CFO)は、2月26日のアナリスト向けの会見で、傘下のウィンターシャルとロシアの投資会社レターワングループとの合弁会社であるウィンターシャルDEAの新規株式公開(IPO)を今年9月以降に行う意向だと語った。昨年予定されていたIPOは、コロナ禍で中止されていた。