英政府は2月10日、イングランド内の高さ18mまたは6階建て以上の高層住宅かつ、危険性のある工法で作られた建造物を対象に35億ポンド(約5100億円)の修繕費補助を出すことを発表した。英国では、2017年に高層住宅グレンフェルタワーでずさんな工法が一因となり大規模火災が生じたことから、同工法を用いた高層住宅の安全性に関する議論がなされてきた。