蘭インフラ水管理省と蘭航空大手KLM、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルは2月8日、合成燃料を使用した旅客機を運行したと発表した。先月に運行したアムステルダムーマドリード便で、シェルが製造した再生可能エネルギー由来の合成燃料500リットル分を通常の燃料に混ぜて使用した。KLMのピーター・エルバースCEO(最高経営責任者)は、「化石燃料から持続可能な代替燃料への移行は、業界が直面している最大の課題の一つだ」と述べた。