欧州格安航空会社(LCC)最大手ライアンエアー・ホールディングス(アイルランド)は2月1日、2021年3月期の最終赤字が8億5000億ユーロ(約1080億円)〜9億5000億ユーロ(約1200億円)になりそうだと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で航空需要が急減した。ワクチン接種を受ける人が増え、来年夏は需要が急増するとの見通しを示した。