欧州司法裁判所の法務官は1月13日、欧州連合(EU)各国のデータ保護当局に対し、米フェイスブックやその他のIT大手の欧州本拠が別のEU加盟国にあり、主導的な当局でなくとも、これらの企業に法的措置を取ることができるとの見解を示した。フェイスブックが、同社の欧州拠点がアイルランドにあることを理由にベルギー当局からの措置を退けようとしたことを受け、欧州司法裁として声明を発表した。同見解に従い、EU各国の当局が米グーグルや米ツイッター、米アップルなどアイルランドに欧州拠点を構えるIT(情報技術)大手に対し、法的措置に踏み切る可能性がある。