ドイツ連邦統計局が1月5日発表した試算によると、2020年におけるドイツの小売業の売上高は前年比5.3%増となった。これは1994年に統計を開始して以来の水準で11年連続の成長となる。従来型の小売業がコロナ危機による打撃をこうむった一方で、インターネットビジネスが好調だったことが背景にある。