英フィナンシャル・タイムズは12月22日、ドイツの製薬会社ビオンテックのウグル・サヒン最高経営責任者(CEO)が「必要であれば、英国で広がる新型コロナウイルスの変異種に対応するワクチンを6週間で提供できる」と語ったと報じた。ただ、米ファイザーと共同開発したワクチンも、「科学的にはかなり高い確率で(変異種に)対処できると考えている」と話した。