ロイター通信は12月14日、独フォルクスワーゲン(VW)の監査役会がディース社長の電気自動車(EV)とデジタル化を強化するという経営方針を承認したと報じた。その一方、同社長が求めていた任期延長を見送る決定を下した。