英スーパー大手テスコは12月2日、英政府による事業用不動産固定資産税の減免措置を返上し、5億8500万ポンド(約820億円)を支払うことを発表した。この措置は、コロナ禍で小売やサービス業など経営が苦境に立たされた業界を対象に行われたが、食料品や日用品の需要が高まり売上が伸びた同社には、減免措置は不要だという声が上がっていた。