英製薬大手アストラゼネカとオックスフォード大学が共同で開発している新型コロナウイルスのワクチン候補が、高齢者に強い免疫効果をもたらすことが分かった。研究者らは11月19日に査読制の医学雑誌「ランセット」に掲載した記事で、ワクチンによって重症化および死亡リスクが高い70歳以上の被験者に強い免疫形成が確認できたことを報告した。ワクチンの第3相臨床試験はすでに進行中で、12月末までに基礎疾患がある場合を含む幅広い患者に有効かの結果が判明する見通しだという。