独バイオ医薬品企業のキュアバックは11月17日、現在開発中のコロナウイルスワクチンの欧州での生産能力を拡張すると発表した。2021年に3億回分、22年に6億回分の生産能力を目指す。欧州委員会は、すでに同社とのワクチン供給契約を承認し、4億500万回分を確保している。