新型コロナウイルス用ワクチンを共同で開発している製薬大手の英グラクソ ・スミスクライン(GSK)と仏サノフィは10月28日、世界保健機関(WHO)などが立ち上げたスキーム「COVAX」に自社開発のワクチンを2億人分提供すると発表した。「COVAX」は新型コロナウイルス用ワクチンを国際的に調達・分配するスキームで、世界にワクチンを普及させることを目的とする。