化学メーカーのコベストロは10月27日、2020年の営業利益見通しを従来の7億ユーロ(約860億円)から12億ユーロに上方修正した。中国をはじめとするアジア太平洋地域での売り上げが好調なため。トーマス・テプファーCFO(最高財務責任者)はロイター通信に、「情勢を引き続き注視した上で厳格なコストマネージメントは継続するものの、追加の緊縮財政は予定していない」と語った。