欧州議会は10月23日、欧州連合(EU)域内のレストランや店舗において、動物性食材を使わない料理や食品にも「バーガー」や「ソーセージ」といった表記を認めると発表した。植物性の材料だけで肉の味や食感を再現した「プラントベース」の食品名に、「ステーキ」や「バーガー」、「ソーセージ」などの用語を使わないよう求めていた農業生産者団体の訴えを退けた。一方議会は、植物由来の乳製品の表示については、「ミルク」や「チーズ」などの用語の使用を厳格に禁止することを支持した。