英製薬大手アストラゼネカは10月23日、英オックスフォード大学と共同開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、米国での臨床試験(治験)を再開したと発表した。米食品医薬品局(FDA)が同日、安全性に問題は無いと判断した。同ワクチンを巡っては、副反応の疑いがあるとして9月初旬に全世界で治験を中断。その後、米国以外では各国当局から許可を得て再開していた。