英BBCは19日、米フェイスブック傘下の写真共有アプリ「インスタグラム」が、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)を巡る調査の対象になったと報じた。インスタグラムが未成年を含むユーザーの個人情報を保護するために十分な対策を講じていない可能性が指摘されている。