欧州委員会は9月3日、リチウムなど希少な原材料を安定調達ための行動計画を打ち出した。数週間以内に「欧州原材料連合」を立ち上げ、重要な原材料について欧州連合(EU)域外の国からの輸入に過度に依存している状況を解消するほか、EU域内における多様な供給源の確保を目指す方針だ。欧州委はさらに「重要原材料リスト」を3年ぶりに改定し、電気自動車(EV)のバッテリーなどに必要なリチウムを初めてリストに追加したことも明らかにした。