米ブルームバーグ通信は8月26日、英最高裁判所が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の通信技術の特許使用料を巡る裁判で、両社の訴えを棄却したと報じた。両社は英国の裁判所は外国特許の有効性を判断する権限を持たず、製品の製造と販売の大半を占める中国の裁判所が判断すべきだと主張していた。米ブルームバーグは今回の最高裁判断が事実上、英国の裁判所が世界的な特許使用料を一括して決定できることを意味するとしている。