仏自動車大手ルノーの2020年1~6月期決算は最終損益が72億9200万ユーロ(約9000億円)の赤字となった。同社が7月30日に発表した。新型コロナウイルス危機に伴う市況の急激な冷え込みにより、ルノーの2020年上半期の売上高は前年同期比で34.9%落ち込んだ。これによる損失は約18億ユーロ(約2200億円)に上ると見積もる。加えて、出資する日産自動車の業績悪化により48億1700万ユーロ(約6000億円)の損益が生じた。