欧州の格安航空(LCC)最大手のライアンエアー・ホールディングス(アイルランド)は7月27日、2020年4~6月期の決算を発表し、最終損益が1億8510万ユーロ(約230億円)の赤字に転落した。前年同期は2億4290万ユーロの最終黒字だった。旅客数が前年同期に比べ99%減り、売上高は95%減少した。