英ガーディアンは10日、米ゴールドマン・サックスが運営する英国のオンライン預金口座サービス「マルクス」が、新規入金の受付を一時停止したことを伝えた。同サービスは2018年の設立後極めて高い利率を掲げ50万人の顧客を集めてきたが、ロックダウンの影響で顧客による入金が相次いだ。一機関で保有できる限度額を超えてしまう恐れがあるため、サービスの停止に踏み切ったという。