英フィナンシャル・タイムズは5日、英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)が英政府の渡航者隔離政策に反発し、法的措置を検討していると報じた。IAGのウィリー・ウォルシュ最高経営責任者(CEO)は、国外からの渡航者に14日間の自主隔離を課す英政府による政策が、航空会社の運航再開計画に深刻な打撃を与えると痛烈に批判している。