仏自動車大手ルノーは29日、コスト削減策の一環として従業員を全世界で約1万5000人減らし、生産能力を現在の400万台から330万台に縮小する計画を発表した。同社は今後3年で20億ユーロ(約2380億円)のコスト削減を行う方針で、事業再編には12億ユーロの費用がかかる見通し。人員削減や配置転換の影響は全世界の従業員の10%弱に及ぶとしている。