独新興企業バイオファーマシューティカル・ニュー・テクノロジーズ(ビオンテック)は29日、米製薬大手ファイザーと提携して開発中の新型コロナウイルス用ワクチンの臨床試験を開始したと発表した。23日から現在までにドイツの被験者12人に接種を行い、今後さらに被験者を200人程度にまで増やす予定。また米国でも試験を行う認可が降りる見込みだという。