仏蘭航空大手エールフランスKLM傘下のKLMオランダ航空は13日、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、従業員を最大2000人解雇する方針を明らかにした。人員削減は非正規雇用の従業員を主な対象にするという。同社は4~6月の運航便を少なくとも40%削減する見通しも示した。