サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは10日、4月から日量970万バレルの石油生産量を2割引き上げると発表した。6日に石油輸出国機構(OPEC)とロシアの減産交渉が決裂し、サウジはシェア低下を回避するため増産に踏み切る。