米スターバックスは新型コロナウイルスの感染拡大の予防策として、利用者が持ち込んだカップやタンブラーに飲料を入れて提供するサービスを欧米、中東およびアフリカにおいて中止すると発表した。同社グループは米国や日本などで既に同様の取り組みを導入済み。飲料は使い捨ての紙コップで提供するが、容器を持参した利用者への割引サービスは継続するとしている。