独ダイムラーは11日、2019年12月期決算を発表し、純利益が前の期比64%減の27億ユーロ(約3240億円)だった。高級車の世界販売台数は世界首位を堅持し売上高を伸ばしたものの、ディーゼル車の排ガス不正に対する罰金の支払いなどが響いた。