ロイター通信は7日、仏保険大手アクサ・グループがポーランド、チェコ、スロバキアにおける事業をオーストリアの保険大手ユニカに10億ユーロ(約1200億円)で売却すると報じた。アクサ・グループはマイナス金利に対応する再編計画の一環として、小規模市場から撤退するとみられる。