ポルトガルのエネルギー大手ガルプ・エネルジアは22日、スペインの建設会社ACSから太陽光発電プロジェクトを買収すると発表した。ガルプは同プロジェクトに今後4年で22億ユーロ(約2700億円)を投じ、スペインのイベリア地方における太陽光発電市場を狙う。