ロイター通信は22日、英運輸省がサウス・ウェスト鉄道の国有化の可能性に言及したと報じた。運輸省は、イングランド南部とロンドンをつなぐ同鉄道は経済的な面から運行が持続不可能であり、救済のために国有化も視野に入れていると発表している。同鉄道は元々国営鉄道であったが、1996年に民営化。その後従業員のストライキや質の低いサービスなど、度重なる不具合に利用者から不満の声が多く上がっていた。