イタリア大手銀行のウニクレディトは3日、2023年までの戦略計画を発表し、8000人の人員削減と500店の支店閉鎖を明らかにした。こうした取り組みで、西欧で10億ユーロ(約1200億円)を削減するという。