独ダイムラーは11月29日、2022年末までに世界で数千人の人員を削減すると発表した。これまで電動車開発などの費用がかかるため、コスト削減を進める方針を示しており、今回は具体的な人員削減の規模を明らかにした。