ロイター通信は7日、独自動車部品大手のボッシュが炭化ケイ素の自動車用半導体を開発したと報じた。通常の素材より伝導性が高く、電気自動車などの効率が高まるという。