ロイター通信は25日、石油生産量が減少していたサウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが、想定されていたよりも早く日量1130万バレルの生産量に回復したと報じた。14日の施設に対する攻撃によって半量にあたる日量570万バレルの生産が停止しており、9月中に回復するという見通しが発表されていた。