医薬・農薬大手の独バイエルは30日、同社の除草剤に対する訴訟の原告数が、足元の3カ月で1万3400人から1万8400人に増加したことを明らかにした。同社は18年に買収した種子大手の米モンサントの除草剤に発がん性があるとして米国で多くの訴訟を受け、法的リスクが高まっている。