欧州格安航空(LCC)最大手のライアンエアーは20日、2019年3月期決算を発表した。旅客数は増えた燃料費や労務費が増え、前の期と比べ増収減益となった。米ボーイングの737MAX機の納入が延期しているが、ライアンエアーは同機の性能に信頼を寄せていることを改めて表明した。