オランダ政府は15日、次世代通信規格「5G」の通信ネットワークを構築する際のセキュリティーリスクを検証するためのタクスフォースを立ち上げたと発表した。ロイター通信は、半導体製造装置大手のASMLの技術などが中国人の従業員に盗まれたとする報道がタスクフォース設立のきっかけになったと報じている。