スイスUBSのアナリストは、2021年までの欧州連合(EU)の燃費規制への対応が、自動車業界にとって74億ユーロ(約9200億円)の減益要因になるとの試算を発表した。利益に対する影響度合いは、仏プジョー・シトロエングループが最大だという。英フィナシャル・タイムズが3日、報じた。