独バイエルは子会社モンサント製の除草剤「ラウンドアップ」の発がん性に関する訴訟でカリフォルニア州連邦地裁から8000万ドル(88億円)以上の賠償金などの支払い命令を受けた。がん患者がモンサントを訴えていた。バイエルは控訴する方針だ。英フィナンシャル・タイムズが28日、報じた。