エチオピア航空の最高経営責任者(CEO)は、墜落した米ボーイング737MAXのパイロットが十分に訓練を受けてきたと主張している。適切なシュミレータで訓練を受講していたという。英フィナンシャル・タイムズが25日、報じた。