広告世界最大手の英WPPグループは、構造改革費用のために2018年12月期の税引き前利益が前の期に比べ3分の1に急減した。同社は昨年、前会長が突然辞任している。英BBCが1日、報じた。