サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは、債券の発行を準備している。著名記者ジャマル・カショギ氏の殺害事件から5カ月が経ち、同国への世界的な評価に関心が高まっている。英フィナンシャル・タイムズが1日、報じた。