オランダ政府は27日、エールフランスKLMの株式を14%まで買い増し、フランス政府に次ぐ第2位の株主になったと発表した。オランダ政府は同社の経営に不満を持っており、影響力を高める狙いがあるようだ。英フィナンシャル・タイムズなどが報じた。