デンマークの洋上風力最大手のアーステッドは、台湾が再生可能エネルギーの固定買い取り価格を引き下げるという決定を受け、プロジェクトからの撤退を検討している。英フィナンシャル・タイムズが31日、報じた。