ロイター通信は29日、欧州ソフトウエア最大手の独SAPが2018年12月期の利益目標を下回り、会社の変革を促すために、リストラを実施すると報じた。リストラ費用は8億〜9億5000万ユーロ(1000億〜1200億円)を計上する。