ダイヤモンド世界最大手のデ・ビアスは経済成長の鈍化による需要低迷の兆候として、今年の初めに売上高が25%減少した。英フィナンシャル・タイムズが29日報じた。低価格のダイヤモンドの販売が減少したのが主な要因。