ドイツのアルトマイヤー経済相は、2038年までに石炭火力発電所を全廃するため、政府委員会からの勧告の実行を迅速に開始すると表明した。ロイター通信などが27日報じた。同経済相は様々な施策を始めるため、19年の一部予算が既に割り当てられていると述べた。